日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


親睦旅行でドタバタと。

職場で幹事をしているワタクシですが、今週は親睦旅行のことでバタバタ。

そもそも今月初めには、今年の職場の旅行は「札幌・小樽」と決まっていました。札幌には食べに行きたいお店がたくさんあるので、僕は内心喜んでいたのですが、突如、「最近札幌に連続して行っているので、違うところがいい」ということになり、変わって浮上したのが「函館」案。

「食事が旨いか旨くないかで、機嫌が全然変わる」と人から言われる僕なので、函館でうまい店探し。で、あらかたお店の候補を見つけて、いざ航空券を注文しようとしたら、2ヶ月前より購入できる安い席は完売とのこと!なんと!発売日当日は仕事が忙しかったので、その翌日に電話したらもう完売とは!大ショック。めちゃがっくし。

ここで行き先は一旦白紙に戻し、日本中から旅先の候補を探る。あれこれ考えた結果、僕は仙台か福岡にしようと提案。僕は仙台には行ったことがないので、福岡よりは仙台に行きたいなと思っていたら、皆さんの賛同が得られて、旅行先は無事仙台に決定!やた!さっそく電話で航空券の問い合わせ。ところが、行きは安い航空券がとれるが、仙台から愛知への帰りは遅い便しか安い券がなく、その飛行機では帰宅すると夜11時頃になってしまう。

ということで、仙台もバツ。あ~あ。
函館に続いて仙台にも振られ、職場内にけだるい、あきらめの空気が。航空券が確実に取れそうなのは、便が多い博多か札幌だよね・・・。博多は観光地が太宰府くらいしか思いつかないので、やっぱり札幌にするか・・・。

てな訳で、回り道に回り道を重ね、今度こそ旅行先は札幌に決定したのでした。
ちなみに僕が札幌で一番行きたかったお店は「しんせん」という割烹。職場から帰宅するなり、すぐにお店に電話して、無事に席を確保することができました。あ~、よかったあ~。ここに行けるというだけで、僕は大満足。今回は札幌に縁があったみたいだね。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-09-29 23:36 | travel

頑固モノのあかし

b0014624_23143639.jpg

いきなりですが、1歳半になる下の娘の頭頂部を撮影してみました。
つむじが2つ、ありますよね。妻のお母さんから言われたのですが、つむじが2つある子は頑固者だそうです。へ~、知らなかったなあ。

僕は迷信の類は信じないけど、今のところ、この娘は見事に頑固モノの道を歩んでおります(たは)。悪いことしても、絶対に謝らない。謝るようにいうと、泣いて、のけぞって、反抗します。

実は、僕も小さい頃はそうだったらしい。謝らなかったんだって。
今じゃ、すぐに謝っちゃうけどな。

あ、ちなみに僕のつむじは1つです(^^)
[PR]

by kurobuta18 | 2006-09-24 23:27 | 思うこといろいろ

愛知の素敵なカフェを2軒、

ご紹介します。
まずは日曜日に、家族で豊橋市のカフェ「アイタル食堂」に行ってきました。詳しくは、僕のサイトの日記のページで紹介しているので、そちらをご覧くださいまし。

このお店の料理はオーガニックにこだわりがあって、味はもろに僕好み。でも気に入ったのはそれだけじゃなくて、

・大きすぎず、小さすぎないお店の広さ
・居心地のいい雰囲気
・置いてある本のラインナップ
・メニュー構成(ある程度の品数とバラエティーに富んでいて、その日の気分で選べる楽しさがある)
・こだわりの押し出し方(こだわりを押しつけられたり、こだわりが前面に出過ぎていると辛い)

などなどが、僕の好みのツボにピッタシはまりました。今、愛知で、「僕がカフェを開くならこんなお店にしたい」というイメージに最も近いお店です。一度の訪店で大ファンになりました。


続いて、月曜日は名古屋市緑区にある「おやこカフェ にこ」に行ってきました。ここはお世話になっているせれすてさんのブログで教えてもらったお店。店名のとおり、小さな子供連れの親子を対象にした、親子で楽しめるお店です。

お店には保育士が常時いらっしゃって、子供が遊べる広いスペースがあります。我が家の娘ちゃんたちはハムスター(?)のおもちゃが気に入ったみたい。子供たちが楽しそうに遊んでくれていると、いつも親の趣味に連れ回している僕としては、罪の意識も少し軽くなってほっとします。

b0014624_22402710.jpgb0014624_22404064.jpg

このお店の料理もアイタル食堂同様、健康に配慮されたもので、素朴なおいしさがありました。店内は広々していてくつろげるし、お店の方の応対もにこやかでとても気持ちがいい。

「アイタル食堂」も「おやこカフェ にこ」も、これから応援していきたいと思う、僕にとって特別なお店になりました。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-09-18 22:49 | おいしいお店

泣きたい自分 その2

前回の投稿を読み返してみると、さらさらっと書いたこともあって、我ながらなんとも分かりづらい内容。なので、内容をフォローする意味も含めて、前回の投稿の続きを書きたいと思います。

投稿した翌日の金曜日は、仕事が終わってから子供達を迎えに妻の実家へ向かいました。毎週金曜日のお昼に、上の娘が知立市でリトミックダンスの教室に通っています。でも、僕ら夫婦は仕事があって教室まで連れて行けないので、妻の両親に碧南から知立まで送ってもらって、仕事が終わった後、僕が妻の実家まで子供達を迎えにいくということになっているのです。

僕にとって、一人でいられる時間はすごく貴重な時間。この迎えに行く車中で、自分が泣けない理由を探ってみることにしました。

まずは自分の体のエネルギーの流れを意識してみる。最近は、「HIZUKI」でもらった珊瑚をもってやることが多いです。珊瑚を両手で軽くもって、意識のみを珊瑚に合わせる。すると、自分の体のエネルギーが珊瑚を介して流れ出すのが分かります。エネルギーが流れていると、体のよどみがなくなっていく。考えの偏りもなくなっていって、自分の思考がフラットな状態になっていきます。

その状態で、自分の心にアクセスしてみる。
答えは、すぐに分かりました。「自分が、自分を認めていないから。許していないから。」と。

・・・そう、僕は自分に厳しくて、すぐに自分にダメだしをしてしまう。完璧を求めてしまう。
大きな原因はそれと分かりました。

そこで、声にだして、「よくがんばっているね」「大丈夫だよ」と自分に言ってあげる。すると、涙がじわりと溢れてくる。エンエンとは泣けなかったけど、やっとこさ詰まり物が取れた気分。気持ちがスッキリしてくる。

僕はこの「声に出して言う」というのが、大事だと思う。
頭で思っているだけじゃなく、声に出すと体が反応してくれる。嫌なことも、声に出して言うと、スッキリします。ベストセラーとなった『キッパリ!』に書いてあった内容ですが、

上大岡 トメ / 幻冬舎
ISBN : 4344006542
スコア選択:


「○○のバカヤロー!」など、人前では言えない悪口は、お風呂の湯船の中で言うといいよ、と書いてありました。ほんと、口に出して言うとスッキリしますよ。これ、オススメ。

とまあ、こんな訳で、心の肩こりはスッキリしたのでした。
そういや、前回の投稿で、「HIZUKI」の洋子さんから店に入るなり、「泣きそうだね」と言われたことに関してですが、僕が実際に泣きそうな、情けない顔をしていた訳じゃないと思うので、念のため。洋子さんは変人だから、僕の心の状態が分かっただけですからね。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-09-17 00:44 | 自分と向き合ってみる

泣きたい自分

友達のブログを読んでいたら、その子は涙が止まらない、と書いていた。
妻のやまも、一時そういう時期があったように思う。

今の僕は逆に、泣きたくても“泣けない”。
涙を流してえんえんと泣きたい自分がいるんだけど、泣けない。

先日記事にした、カフェ「HIZUKI」に寄ったときに、店主の洋子さんから店に入るなり、「泣きそうだね」と言われた。そうなんだよね。でも、なかなか泣けない。目一杯、心の扉を開いてみても、やはりそう。

今の世の中、みんな心が壊れてきている。
それをなんとかしたいと思う、おせっかいな自分がいるけど、まずは自分を愛してあげよう、抱きしめてあげよう。そんなことを思いながら、今は一人だらだらと酒を飲んでおります(えへ)。

妻が子供を寝かしつけてくれたので、今日は久しぶりにのんびりです。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-09-14 22:53 | 自分と向き合ってみる

お祭り準備

いまTVで僕が好きな北大路魯山人をやっていて、早く見たいんで、今回のブログはさっぱり目で。

昨日は(も?)バタバタな一日でした。
それというのも、地元のお祭りの準備がいよいよ佳境に入ってきたことが大きい。

昨日の午前中は、夕方の会議資料を作成して、その後軽く打ち合わせ。自宅に戻ってご飯を作ったり、部屋の掃除をしたりして、その夜は4時間の会議とやはり打ち合わせ。あさっては、仕事を休んで区長さんと警察に行ったり、露店の胴元や鉄道会社へご挨拶などなど。

自分がやってみて、改めて大変さを感じております。これを今まで、誰かが、ずっとやってきてたんですよね。本当にご苦労様でした。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-09-10 23:46 | その日の出来事

心を磨く旅

この週末は友達とのキャンプに1人で参加してきました。
本当は家族みんなで行く予定だったんだけど、ちょうどこの土曜日から、上の娘がスイミングスクールに通うことになっていたのです。なので妻と子供2人はお留守番。ありがたく、僕は1人でお出かけさせてもらいました。

向かった先は、岐阜県白川町のふるさと体験村というところ。中央自動車道「恵那IC」で降りて、そこから車で1時間くらいのところです。我が家からは片道3時間半くらいのドライブ。

こんなに長い時間を誰とも会わず、1人で過ごすのはかなり久しぶり。山々の緑を楽しみながら、この貴重な時間中、僕は自分の心と会話して過ごすことにしました。今年の3月まで安城市へ通勤していた時は、片道40分ほどの通勤時間の間に自分と向き合うことができていたのですが、今年の4月に我が家から車で5分のところに転勤になって以来、ほとんど自分と向き合えていなかったのです。

久しぶりに向き合った僕の心は、すごく寂しがっていました。「ごめんねえ」と謝って、たくさん会話しました。・・・・・・こんなことを書いていると、「あいつは頭がおかしくなったんじゃ?」なんて思われそうですが、そんなことはないよん。誰の胸にも、別な自分がいるはずだよ。


さて、キャンプはとても楽しく、おいしい物もたくさんいただけました。
泊まったコテージには、ガスコンロから冷蔵庫、トイレやお風呂まであって、普通のおうちと一緒。なので大体みんな、ここで料理を作って食べたのでした。食べたのは、高山市「トランブルー」や七宗町「アンソレイユ」のパン、おいしいパスタ、手打ちうどんなど。ちなみに僕が作ったのは、牛タンの塩釜と和風ピクルス。塩釜は牛タンを塩で固めて、あとは弱火で1時間半放置すれば完成!の簡単料理。できあがりはふっくら柔らかく焼き上がっていて、とってもおいしかった。この日はそんなこんなで深夜まで飲みまくり、食べまくりの一日でした。
b0014624_2316523.jpg

「トランブルー」のパン。写真右下の、桃を使ったフルーツデニッシュが最高にうまかった!
b0014624_2317957.jpg

牛タンの塩釜。1kgのタンにハーブや香辛料をすりこんで、3kgの塩で固めて焼きました。


さて、日にちは変わって、日曜日はキャンプ場を後にして、可児市のカフェ「HIZUKI」へ。ここは僕にとって特別な空間。店主の洋子さんは、僕がエネルギーのことを相談できる貴重な知り合いの1人。

このお店の空間は心地いい。いつも優しく受け入れてくれるエネルギーに満ちている。洋子さんといろいろ話をしているうちに、僕の体中にたまっていた詰まりがとれてくる。ヒーリングもしていただいて、帰り際、1年前にここでいただいた珊瑚の話をした。僕がイラッとしたときにその珊瑚に触れると、イライラがふっと抜けていくのだ。そんな話をしたら、「これはどう?」と別の珊瑚を差し出してくれた。その珊瑚を両手で軽くもって、珊瑚のエネルギーを感じてみる。すると、グワングワンと自分のエネルギーが大きく揺れるじゃないですか。洋子さんは「響いている」という表現をしていた。その珊瑚は沖縄の宮古島のものとのこと。

今までも沖縄の離島には興味があったけど、これで是非行ってみたくなった。
最近は、こんな自分の体の変化を楽しんでいます。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-09-04 12:59 | 自分と向き合ってみる