日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


書きたいことあれこれ

ここんとこ、子供を寝かしつけていると僕まで一緒に寝ちゃってたのが、今日は久しぶりに復活。

さて、1ヶ月くらい前まで、心がすごく穏やかな僕がいたのだが、風邪を引いたのをきっかけにどうも不機嫌。おとつい、そのことで自分の心に聞いてみたら、「愛」という答えが返ってきた。そうかあ、そういやここんとこ、自分を愛してあげてなかったね。

僕は、「自分で自分を愛してあげる」ということが大切なんだと思う。愛は、一般的には他人からもらうものというイメージが強いと思うけど、人からもらったエネルギーって、すぐになくなっちゃう。そうなると、また他人からエネルギーをもらいたくなって、結局自分が苦しくなっちゃう。自分の中に、愛の泉ができるといいよね。

話は変わって、先週の土曜日には幡豆郡一色町の佐久島へ、おいしいご飯を食べに行きました。詳しくは僕のホームページで紹介しているので、そちらをご覧あれ。ところで、この日ご一緒したKさんは、僕が不思議な感覚を覚える人。初めて会ったときから、僕の中に「懐かしい」という感覚がわき上がってきた。きっと前世で出会っていたんだろう。そんなことを思えるのは、このKさんが初めて。きっと、ご縁があったんでしょう。

さてさて、久しぶりの投稿なので、まだまだブログに書きたいネタがたくさんあります。
先日の日曜日には、僕の初めての陶芸作品が焼き上がってきました。これを湯飲みにするか、ペン立てにするか、どうしようか思案中。
b0014624_2245435.jpg

[PR]

by kurobuta18 | 2006-06-27 22:48 | 自分と向き合ってみる

父の日のプレゼント

今日は父の日。
毎年、僕の父と妻の父の2人の父親に、プレゼントを渡しています。

僕の父はお酒が好きなので、渡すプレゼントには悩まない。僕も飲んでみたいなって銘柄を買ってきて渡しています。今年は麦焼酎にしました。で、困るのが、妻の父。お酒は飲まないし、ほしいものは自分で買ってきて大抵持っているので、毎年渡すプレゼントに悩みます。

悩んだ末に、パソコンが好きなので、今年は電磁波防止で炭グッズを渡すことにしました。ちょうど昨日、美浜町のケーキ店「さうち」で僕の誕生日ケーキを頼んでいたので、その近くにある南知多町のギャラリー「アサンブラージュ」に立ち寄ってプレゼントを探すことにしました。

初めて伺ったお店で、どんな品物があるかな~とワクワクして店内を見渡すと、実用的な陶器から遊び心にあふれたオブジェまで、多彩な品揃え。お値段もいいけど、質のいいものがあるなあ。と思ってみていたら、「お茶を淹れたからどうぞ」とお店の方から声をかけられる。サービスで冷たい緑茶とぬれおかきをいただく。このぬれおかき、しっとり具合が程よくておいしいなあ。

結局、妻の父には平たいお皿と備長炭をセットで購入。パソコン周りにインテリアとして飾ってもらってもいいし、お皿は他にも使えそうだし、我ながらいいアイデア。ところでこのお店、和紙に書いたメッセージカードがたくさん用意してあって、自由に選ぶことができました。KENTさんの手書き村みたい。いいサービスだなあ。プレゼントも決まって、気持ちのいいサービスもいただいて、上機嫌でお店を後にしました。
b0014624_22252929.jpg


その日の夜は自宅で、部屋の電気を暗くして、ろうそくをフ~。
子供の誕生日に、子供がろうそくを消している様子をみて、僕もやってみたくなったのでした。
ろうそくを消すのってすごく久しぶりで、うれしい。
b0014624_2228643.jpg

[PR]

by kurobuta18 | 2006-06-18 22:29 | ギャラリー・美術館

不機嫌なカラダ

前回の投稿にも書きましたが、2週間くらい風邪を引いていました。そのうち1週間くらいは38度前後の熱があったのですが、仕事がたまっていて休むわけにもいかず(でも結局、1日だけダウン)、家でもふらふらの状態で、できる範囲で家事・育児していました。

そんな状態だと、他人と接触するのが億劫になってきて、どんどん自分の殻にこもっていってしまいます。自分の殻にこもると、エゴが心の中をぐるぐる回っていきます。すると不平不満が口をつくようになってきて、なんだかよく分からないけど、いつもイライラ。

心をオープンにして、素直に生きていくのも、それなりにエネルギーを消費するんだね。今ようやくカラダもココロも元気になってきて、「ああ、そうか、人間ってこうやって不機嫌になっていくんだな」って改めて感じています。健康って大事だな。ありがたいなあ。

話は変わって、エキサイトの「ネームカード」というのを登録してみました。アンさんのブログで見かけて、ブログの容量も増えるし、こりゃいいなって思って登録してみました。よかったら見てください。趣味が合う方がいらしたら、是非声をかけてください。一緒に盛り上がりましょう。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-06-17 23:23 | 自分と向き合ってみる

陶芸教室と風邪

エキサイトのブログには、見に来てくれた人の数が日にちごとに分かる機能があるんだけど、今久しぶりに確認してみたら、記事がなかったこの2週間、いつもと変わらないたくさんの方がこのブログを訪れてくださっていたことが分かりました。大感謝です。本当にありがとうございます。平日は時間が取れないので、週末くらいしか投稿できませんが、これからもよろしくお願いします。

さて、1週間前の日曜日には、僕の好きなカイロプラテックの先生が我が家まで来てくださって、出張カイロの会。この先生は首筋を中心に軽く指で触れ、脈に合わせて指を押したり引いたりするだけなんだけど、それでいつも全身スッキリします。今回、僕は相当に疲れがたまっていたよう。妻はブレーカーが落ちる寸前だったって。

さて、スッキリして気が抜けたからか、その日の夕方から少し寒気がしてくる。でも、この日は夜から初めての陶芸教室。いきなり休みたくないので、とりあえずそのまま参加。初めてなので、お皿の一枚でもできればいいかあと思っていたら、「あんたの家族は何人? 4人? なら4つは作らないと!」と先生に言われて、しかもお皿じゃなくてマグカップを作るように決められる。何度も「1つでいいんですけど」と言ったが、こちらの言うことは耳に入っていない様子。あは、まあしょうがないね。じゃカップ作りましょってな訳で、せっせと作る。土を捏ねるって、うどんやパンの生地を捏ねる感覚と似ているなあ。麺棒みたいなので土を平らにのばして、プラスチックの筒を使って丸めていく。初めてにしちゃ、悪くないものができた気がする。2週間後にはこれに釉薬をぬる予定。

ところが、その後寒気がどんどんひどくなっていき、月曜日に熱を測ったら38度。この熱が1週間さがりませんでした。今日はまだ鼻水が出るけど、やっと調子が戻ってきた感じ。あとは僕の風邪が家族にうつらないことを祈るのみです。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-06-10 11:07 | その日の出来事