日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


名古屋を満喫

昨日は同居の両親らも含めて、一家でお出かけ。
名古屋市農業センターに梅を見に行きました。もう終わりかなと思った梅もまだ満開近く残っていたし、動物もいたりして、予想以上に楽しめました。

その後、お昼ご飯をいただきに八事のイタリアン「ドディチマッジョ」。
b0014624_22321997.jpgb0014624_22323045.jpg
b0014624_22325113.jpgb0014624_2233547.jpg

個室なら子連れも可とのことで、ゆっくりとお食事。
これだけリストランテらしいリストランテは残念ながら三河ではありませんね。おいしかったです。

その後、前々から興味があった千種区のカフェ「milou(ミル)」へ。
内装に手作り感があって、センスのいいしゃれたお店。似たようなお店は三河にも増えてきたけど、これだけこなれた感じのお店は、やはりまだないと思う。

b0014624_22574019.jpg「milou(ミル)」からでたら、さっきまでシャッターが閉まっていた、目の前にある雑貨屋さんが開いていたので入ってみる。聞いてみたら、WBCを見ていたので店を閉めていたとのこと。あっけらかんと言われて、笑っちゃいました。このお店では職場のデスクに飾ろうと思って、かわいい雑貨を購入。聞くと、同じような目的で男の人がかわいい雑貨を買っていくと言う。みなさん、お疲れなのね。お互いがんばりましょう。

こんな感じで、いろいろ楽しめた一日でした。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-03-22 22:59 | その日の出来事

のんびり過ごす夜

最近、お風呂に入った後にのんびり酒をやりながら、本を読む楽しみを覚えました。
酒は赤ワインをうす~く水割りしたものか、シェリー酒の水割り。薄めの酒を水代わりに飲んでます。

今読んでいる本は、齋藤孝さんの『上機嫌の作法』
齋藤さんの本は、やまがよく買っているので何度か読んでいたけど、この人の文章は読みやすい。文章からプライドや気負いというものが感じないもん。すいすい読めちゃいます。

この本によると、自分の機嫌って技術的にコントロールできるんだって。“技術的にコントロール”っていうと、この前読んだ『ラッキーをつかみ取る技術』と同じだね。この本からも、自分にいい気づきをもらえました。出会えてよかった、と思えた1冊。

日本人の間では、不機嫌でいることが許されている風潮があるように思います。でも、いつも不機嫌に相手に接していいわけがない。それはマナー違反だと思います。この本もまさのそういう視点で書かれています。何度も書くけど、機嫌ってコントロールできるんだよ。どうせなら、上機嫌でいたいよね。

他に今読んでいるのは、『ソトコト』という雑誌。
何度かこのブログでも紹介している本だけど、最近浸透してきた「ロハス」という言葉を、ずいぶん前から提唱していました。食や音楽、環境などの話がこれ一冊で楽しめちゃう、おいしい本ですよ。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-03-16 23:31 | 本・音楽・映画

『ラッキーをつかみ取る技術』

とある友人に勧められた本がヒットだったので、ご紹介します。

『ラッキーをつかみ取る技術』

僕は、自分の身の回りに起きることは、ある程度自分自身でコントロールができると考えています。また、あらゆる出来事には「原因」や「理由」があって、「結果」があると考えます。一見、理不尽に思えることも、ちゃんと「道理」が存在していて、それによって然るべき結果になっていく。その「道理」を理解し、身につけることで、自分の身の回りに起きる出来事はある程度コントロールできると思うのです。

この本ではコントロールするための方法の一端が、理解しやすく説明されています。僕は前段で述べたようなことをスピリチュアルなとらえ方で見ていくことが多いのですが、スピリチュアルな話って時折、胡散臭く感じちゃうことがあるんですよね。僕は理屈っぽいので、特にそうなんだと思う。最近分かってきたのは、こういうのは考えるものじゃなくて感じるものだから、自分のアクセスの方法を変えていく必要があるなと思ってます。

えっと、本の話からちょっと遠回りしちゃいましたが、この本はそんな理屈っぽい人に特にオススメです。ラッキーって技術的に取得できるものなんですよ。この本にはそのための方法が、権威筋の談話や著者の経験談もふまえながら、系統だてて分かりやすく説明されています。スピリチュアルな話に興味がある人だけでなく、自己啓発に興味があるサラリーマンにもお勧めです(というか、本来はサラリーマン向けの本なのだと思う)。

実はこの本を紹介してもらった当初は、本のタイトルから書いてある内容について大体想像できたつもりでいて、なかなか手が伸びなかったのでした。教えてもらって半年ほどして、ようやく購入したのですが、確かに想像したようなことが多く書いてあったものの、僕にとってすごく重要で、しかも決定的にかけていた考えのいくつかが、この本によって手に入れることが出来たのです。教えてくださったTさん、すぐに読まなくてごめんね!いい本を紹介してくださって、本当にどうもありがとう!
[PR]

by kurobuta18 | 2006-03-12 23:34 | 本・音楽・映画

久しぶりの投稿

うわー、ずいぶん久しぶりの投稿になってしまいました。読んでくださっている皆さん、ごめんなさい。投稿していない間、サイトの更新作業にいそしんでいたり、体調が悪くてパソコンから離れていたりで、ずいぶん投稿がご無沙汰になってしまいました。

体調ですが、また全身が真っ赤になって痒くてたまらない日々をすごしてました。皮膚が弱いので、たまにこういう時があるんです。市販の薬では一向に症状が改善しなくて、「こういう時は、どうしてたかなあ」と思い出して、いつもの方法をやってみたら、3,4日で症状はかなりよくなりました。まだ、ちょっと体は赤いけど、かゆみはかなり収まりました。はー。

そのいつもの方法とは、薬局で売っている消毒薬のイソジン(体に塗布する用のもの)をガーゼで体に塗りつけ、5分くらい放置。その後、せっけんで体を洗って、風呂上りにステロイドがたっぷり入った塗り薬を体にしっかり塗る、というもの。

イソジンを体に塗ると、かゆみがかなり収まるんです。これは、かかりつけの刈谷市にある「広瀬クリニック」で教えてもらったもの。塗り薬もここのもの。今回も本当に助かりましたわー。
[PR]

by kurobuta18 | 2006-03-09 12:53 | 思うこといろいろ