日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


100万ヒット記念

今日からさかのぼること1ヶ月以上前の9月10日。
我がサイトの記念すべき100万ヒットを踏んだ方から無事、報告をいただき、ようやく今日、記念の品を渡すことができました。こんなにも時間がかかってしまったのは、僕が記念の品を何にするか、しっかり考えていなかったから。いやホント、毎度こんなんではいかんなあ。

お渡ししたのはここのチーズケーキ。食べてみたけど、ものすごく濃厚な味。くどいけど、うまい。鎌倉にあるお店にも、一度お邪魔してみたいなあ。

さて、お渡しした方は、すごく気さくな方で、僕なんかよりよっぽどたくさんのお店を食べ歩いていらっしゃる方。サイトも一日に何度も見てくださっているとのこと。この人が100万ヒットを踏んでくださって、そして報告をくださって、無事に記念の品もお渡しすることが出来て、本当によかった。

サイトを通していろんな人との出会いがあるけど、出会いの度にいつも思うのは、食べ歩きサイトを長年やっている僕よりたくさん食べ歩いていて、そして食べ物に詳しい方は、本当にたくさんいらっしゃるということ。

人との出会いはいつも刺激になります。今後もどんな出会いがあるか、楽しみです。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-30 18:28 | サイトについて

このブログ

さっき、トイレに入っているときにふと思ったこと。
このブログって、「現実の僕」がいて、それに対して、こういう風になりたいと思い描く「理想の僕」がいて、その理想に近づくための練習の場であり、実験場でもあります。

だから、僕がここで書いていること(特に心とか、生き方について書いているとき)は、理想論が多いです。・・・ということを、どこかに断っておいた方がいいな、ということをふと思いました。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-30 12:27 | 思うこといろいろ

車の中で・・・(困った質問)

僕は碧南市の自宅から安城市の職場まで、往復1時間半ほどかけて通勤している。
この往復の車中、一人で過ごす時間が大好きだ。こんなにのんびりと、自分のペースですごせる時間は自宅じゃ無いからね。

往復の車の中では、音楽を聴いたり、窓を開けて外の気配を感じて楽しんだり、ぼーっとしたり(アブナイ)と、その時々の気分で楽しく過ごしている。そんな数ある楽しみ方の中で、割とよくやっているのが「ぼんやり考え事をすること」だ。他愛のないことを、のんびり考えているのが気持ちいい。

今日は帰りの車中で、そういや最近、「おいしい?」と聞かれて困っていないな、と気がついた。20台前半の頃は、この質問に随分困らされた思い出がある。

その頃から、僕は親しい友達の間で「コイツはなかなか食べ物にうるさい奴だ」と知られていた。だからお店に食べに行くときに、この質問をよくされたのだ。で、毎回のように回答に困っていた。

友人と一緒にお店に入り、テーブルに座った段になって、「このお店っておいしいの?」と聞かれても、そのタイミングで「おいしくないと思う。」とは答えにくい。また食べている最中、みんなが「このお店、おいしいね」と盛り上がってて、でも僕はおいしくない思っている状況で、例の質問が飛んでくると、これまたやはり回答に困る。かといって、僕の好みのお店にみんなを連れて行っても、「値段が高い」「味が薄い」とか、文句を言われること多し。あーうー。僕がもっとウソを上手につけたら、こんなに困らないかもしれないんだけどねー。


そんな事を繰り返してきた僕が、そういや最近困っていないなと気がついて、じゃ最近はどういう回答をしているのか、改めて思い返してみた。

1:「おいしい」「おいしくない」は好みの問題だからねー。とかわす
2:やや困った表情で、「う~ん、まあまあだねー」とか言って、お茶をにごす
3:「悪くないと思うけど、僕の好みは○○で、この料理は○○だから、僕の口に合わないんだ」と説明する。

主にこの3つを、そのときの気分や相手との親密度によって、使い分けている気がします。

・・・というようなことを、今日は車の中で考えていました。
こういうのが、結構楽しいわけで。それでは。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-26 00:10 | 思うこといろいろ

靴(くつ)

昨日は家族で、東浦イオンへ。
主に、僕の買い物に付き合ってもらいました。

靴が欲しくてスポーツオーソリティーに寄ると、足の形を測ってくれるコーナーがあったので、家族全員やってもらうことに。娘1は足が随分大きくなっていて、今のくつは随分窮屈であったことが分かる。ありゃりゃ。僕はというと、右と左の足の大きさが、ワンサイズ分も違っていることが分かった。しかも、左足の方が右より4mm長いんだけど、足回りは右の方が4mm大きいという、なんともちぐはぐな足(泣) こんなに違うなら、靴をオーダーメイドしてもらうのがいいのかも・・・。

でも結局、昨日はずっと気になっていた、パトリックの靴を買う。靴屋に入るたびに、「買おうかなー、どうしようかなー」と毎回迷っていた靴。ここまで気になるんならと、えいっと買ってしまった。ちなみに前回買った靴もパトリック。このメーカーはちょっと昔っぽいデザインと、軽くて、はきやすい点が気に入っている。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-23 10:20 | その日の出来事

イラク裁判

今朝、新聞を広げると、法廷で発言するフセイン元大統領の写真が目に入った。
戦争に勝ったアメリカ主導で、暫定政府が設置した法廷で行われる裁判。僕はこの写真を見て、第二次大戦後の極東軍事裁判を連想した。

僕は首相の靖国参拝を肯定的にとらえているが、その理由の一つに、東條英機らをA級戦犯としたこの裁判は戦勝国が敗戦国を一方的に裁いたものであり、裁判として妥当なものとは思われない、ということがある。国際法に抵触する原子爆弾を使用したアメリカは裁判では何ら裁かれることなく、東條英機らは近代刑法ではタブーである事後法(事後に法律を作り、さかのぼって適用した)によって、「平和に対する罪」という容疑をかけられた。

勝者の理論で、敗者を一方的に裁くのは間違っている。
このイラク裁判も、公平・公正に行われるとよいのだが。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-20 22:48 | 思うこといろいろ

最近思っていることをつらつら

どうも。
まず、僕の体の痒みなんですが、ようやく引いてきました。
いろいろやってみたけど、結局、ステロイド入りの塗り薬をけちけちせずに、ばーんと塗ったのがよかったみたい。3~4日ほどで、ウソのように痒みが引いていきました。今回はやまに色々心配をかけたみたい。どうもありがとう。

政治のこともちょっと。
民主党の前原さん。がんばっているみたいですね。政策の内容はさておき(不勉強なので、これから勉強します)、日本の政治がようやく政策本位になってきたのはうれしいこと。他の政党ももっとがんばれ。

靖国参拝のこともちょっと。
首相の参拝については違憲性も指摘されているが、僕は基本的に参拝賛成。ただ、日本が過去の戦争で大変な迷惑をかけた中国、韓国などの国々に対して、根気強く説明していく姿勢は必要と思う。

今日はとりあえず、こんなところで。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-18 22:28 | 思うこといろいろ

もし両親がいなくなったら

ちょっと前の出来事なんだけど、どこかに記しておきたくて、遅まきながら今日書くことにします。

先月末に、両親が1週間ほど、カナダ旅行に出かけていました。ちょうど1週間前に帰ってきたのですが、正直、顔を見た時はほっとしました。そう思った理由は、29日(木)にさかのぼります。

その日は両親が旅行で出かけていた関係で、僕は仕事を休んで家にいました。
朝の9時半ころ、親戚から電話がかかりました。「カナダのケベック州で、67歳男性の日本人旅行者が飛行機事故で死んだとニュースで言っていたけど、お父さん大丈夫か?」と。

僕の父親は67歳じゃなくて、66歳。でも、こういう事故の際、当初発表が1歳違うことなんて、割とあること。それに行程表を見ると、ちょうどその日、ケベックにいることになっているではないか。ネットニュースで事故のことを確認した後、まず、父親の携帯電話にかけようとするが、やり方が分からくて断念。そこでまず頭の中で、最悪のケースとなった場合のことをシミュレーションしてみる。

カナダまで行くことになった場合、自分の仕事は休めそうか。葬式の手配はどういう順番で行うべきか。今、父親がやっている仕事をこれからどうするべきか、・・・etc。果ては、来年やまが育児休暇から復帰した後に、保育園の送り迎えをどうしようか、と。そこまで考えて、まずは安否を確認するのが先と思考を修正したところで、やまが保育園から帰ってきたので、事情を説明し、電話係を任せる。やまは旅行会社に何度も電話していたが、ずっと話中のよう。

そうこうしているうちに、僕は出かけなければならない時間になってしまったので、気になりながらも自宅を後にする。・・・と、そのすぐ後に、当の父親から電話が入った。カナダの事故のことは何も知らずに、ただ家のことが心配で、ふらっと電話をかけてきたのだ。人の気も知らないでと腹が立つやら、ほっとするやらで、なんだか変な気分になる。

しかし今回の件は、改めて今の生活を見直すいいきっかけになった。僕は何事も「なるようになる」と思っているが、そうは言っても不安や不幸の類は少ない方がいい。旅行から自宅に帰ってきた両親の顔を見たときには、本当にほっとしました。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-10 23:56 | その日の出来事

適性・適職診断

ネットを巡回していたら、「ニュートラ」というサイトに流れついた。
内閣府がフリーターやニート向けに開いているサイトなのだが、若者向けにポップに作ってある。

この中に「適性・適職診断」というコーナーがあって、やってみた。
「Yes」「No」式で質問に答えていくんだけど、「どちらかといえばYes」という選択肢が用意されているのが僕は気に入った。こういうアンケートをやってみても、「そんなんケースバイケースで、YesともNoとも言えん!」という場合が多くて、大抵は途中で止めちゃうんだけど、今回は最後まで質問に答えることができた。結果、

仕事:「組織ならプロジェクトのリーダータイプ」
性格:「型破りの独立型タイプ」
向いている仕事は、「マスコミ、アパレル、(中略) 飲食関係ならフードコーディネイター、オーナー・シェフなど」だって。

向いている仕事についてはなんとも言えないが、僕が思っていた自分に対するイメージとかなり近い答えが出たように思う。少なくとも僕は、事務所でずっとパソコンに向かっている仕事は向いていない。人と話をする仕事か、企画の仕事が向いていると思っていたけど、それに沿うような診断結果が出たみたい。

ついでに、隣にいるやまにもこの診断をやってもらったら、なんと、僕と全く同じ診断結果が。え~!やまが僕と同じ結果?  急にこの診断結果が信用ならないような気がしてきたよ・・・。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-02 23:42 | 思うこといろいろ