日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


スキン変更

スキン(背景)を変えてみました。
「風」のスキンを選んでみましたが、これは 火、土、風、水 という4大エレメントの中で、僕は「風」の気質だと思っているので、これにしてみました。なんとなくね、僕は「風」だって気がするんだよね。

最近、自分が頭でっかちになっているなあと思う。
言うことが我ながら理屈っぽい。いかん、いかん。
痒くて、自分の心や魂と向き合う余裕がずっとなかったからねえ。

まだ痒みが気になってすぐに寝付けないので、昨日からお酒の力を借りる戦法に出ています。昨日はバーボンですぐに寝付けました。すっと寝付けたのはひさーしぶり。しばらく、この戦法で寝ることにしよう。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-08-28 00:06 | 思うこといろいろ

かゆーい!

先週まで、痒くて痒くてたまらない日々をすごしておりました。
体中がぼろぼろになって、先週末などは顔や顎から体液が染み出てくる始末。

原因は、多分先月のハードな残業地獄だと思う。
僕はいらいらすると、無意識のうちに体をかくクセがあるのだが、多分、仕事をしながらずっと体中をかいていたんだと思う。仕事が忙しい間は気がつかなったけど、仕事の山を越えたところで、ふと、鏡に映った僕の体が真っ赤なのに気が付いた。とたん、急に全身に痒みが。

運悪く、いきつけの皮膚科が長期のお盆休みに入っていたので、薬もなく、消毒液を体に塗布してしのいでいたけど、それでは痒みが収まらない。夜は痒みでなかなか寝付けませんでした。

先週の土曜日にようやくお医者さんにかかることができ、やっと一安心。おかげで痒みの方も山を越えた気配。

最近、自分の体がどんどん変化しているのを感じる。嫌なものには、体がすぐに反応する。これから自分がどうなっちゃうのか不安もあるけど、楽しみでもある。これはじたばたしてもしょうがないので、「なりゆきまかせ」って感じでいこうかなと思う。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-08-23 12:48 | その日の出来事

思いがけない出会い

土曜日のお昼、家族で西尾市のとあるお店へ食事に行く。
初めて入ったそのお店で、僕の顔をじっと見つめる方が一人。

あれ、どこかで見たことのある人だけど・・・。
う~ん、もしかしてあの人かなあ。でも、仕事しているはずだし、ここにいる訳はないよなあ、と思いながらも、一応話しかけてみたら、やはり僕が思っていた人でした。ビックリ。

その人は、1年半ほど前まで僕と同じ職場にいた方でした。今年の3月に退職して、このお店を手伝っているって。普通ならすぐ分かりそうなもんだけど、「まだ仕事しているはず」「接客業をやるような人じゃない」(失礼)という先入観で、すぐには分かりませんでした。本当にビックリ。でも、どこか楽しそうにやってらっしゃるように感じられました。

そのお店では800円のランチと、デザート等をいただいたけど、ランチは気に入りました。野菜中心の内容で、ほっとする味。味のセンスもいい。珈琲やデザートはちょっと口に合わなかったな。残念ながら。

このお店で特に気に入ったのは、内装のセンスと、器使い。店内は内装やインテリアなどのいたるところまで気が配られている。器も道楽に近いレベル。いいものを使っています。きっと、またランチをいただきに行くと思う。おいしかった。お店の名前は「CAFE 竹庵」。西尾駅の西にある、本町商店街の中にあります。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-08-14 00:19 | おいしいお店

心のままに生きることについて

最近、蒸し暑いですね。そんなわけで、右上の画像を涼しげなものに変えてみました。

今日は、最近僕がよく書いている、「心のままに生きる」ことについて、ちょっと書こうと思います。まずはなんで、「心」が大事なのか、ということから書いてみます。

人が何か行動する際、「あーしよう」「こーしよう」と思うのは、人間の体の中の、どこの部分だと皆さん思いますか?そんなん「脳」に決まっているじゃん、ってみんな思うでしょう。確かに僕から見て、ほとんどの人は「頭」で考えて行動しています(注:僕の感覚では「脳」という言葉はピンと来ないので、「頭」という言葉に置き換えて説明します)。でも、「頭」だけじゃないんです。実は「心」も、その人なりの意見を持って常に主張しているのです。

ここで大事なのは、「頭」と「心」は担当している分野が違うということ。
「頭」は知識をため込むところです。そして理論的に考える場でもあります。でも、「頭に血がのぼる」という言葉があるように、「怒り」という感情もここに起因します。そして、人間の持つ「欲」もまた、頭が司っています。
これに対して「心」の方は、「胸を打つ」という言葉がありますが、人間が元々持っている優しい気持ち、愛情といった感情はここに起因しています。また、物事の質の良し悪しを感覚的に察知する能力も持っているように感じています。

分かりやすく書くと、頭だけで物事を考えて行動していると、人はイライラしやすくなり、また欲深くなっていきます。「欲」は人間が行動する際の、代表的になエネルギーではありますが、同時に苦しみを生み出す原因でもあります。それは、「欲」には「きり」というものがないからです。物欲、性欲、独占欲、出世欲、などなど、欲には様々な種類がありますが、これら全ての「欲」は「頭」が司っていると思います。

それでは、「心のままに生きる」とはどうすればいいのか。
注意して欲しいのは、「心のままに生きる」ことと、「感情のままに生きる」ことは、まったく別の生き方ということです。最初の方で少し書きましたが、実は「心」は常に声を出して主張しています。頭が「こうしよう」と考えたときに、同時に心も「こうした方がいい」という意見を常に主張しているのです。「心のままに生きる」とは、まさにこの心が出す声に従って生きていくということです。

でも、多くの人はこれまで知識や欲に従って生きてきたがために、自分の心の声が聞こえないと思います。自分の心の存在を認識し、感じる努力を続けなければ、心の声は聞こえないでしょう。

でも、自分の身の回りに起きている現象を素直に受け止められる人、繊細な神経を持っている人、そして「縁」のある人たちは、きっといつか、心の声が聞こえると思います。心に従って生きることがどんなに豊かな気持ちになれるか、ということを知っているから、僕はこんなことを書いています。皆さんが幸せに生きていけることを願って。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-08-09 23:32 | 思うこといろいろ

パソコンきらーい

仕事はようやくピークを超え、今週はすっかり平常モードです。ふー。
たまった疲れも、先週末に自宅にカイロプラテックの先生が来てくれて、疲れをすっかり取ってくださいました。

今回は1日中、パソコンにず~っと向かう仕事だったのですが、僕にはこれが辛かったです。前にもちょっと書きましたが、僕はパソコンが嫌いです。パソコンの前に座ると、頭がガンガンしてくるのです。これは、周囲の気を感じる自分のセンサーの開き具合にもよるのですが、センサーがよく開いていると、パソコンの前に座った瞬間に、頭の前頭葉の辺りに「むわ~」っと不快感が襲ってくる。ちなみに、携帯電話もダメ。携帯で話をしていると、耳の奥がガンガンしてくる。

こんな具合なので、センサーをある程度閉じて仕事をするのですが(センサーは自分の意思である程度閉じたり開いたりできます)、僕の場合、「センサーを閉じる」=「自分の心を閉じる」ことでもあるのです。心を閉じると、序々に気持ちが寂しくなってくる、思考が頭でっかちになってくる、といったマイナスな変化がおきてくる。

これって電磁波の影響なのかな?よく分からないけど、僕は自分の体や心の声に、素直に生きていきたいと思っている。でもパソコンに向かってないと、仕事できないんだよね。こんなところも、今の仕事を辞めよっかなと思う理由の一つです。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-08-08 12:56 | 思うこといろいろ