日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


家族で初外食

日曜日、うららかな春の陽気に誘われて、生後1ヶ月の子供も連れて、家族4人で初めての外食。行ったのは西尾市の「カフェ キノ」。西尾駅西の、昔ながらの商店街の中にある、すごくこじんまりしたお店。メニューは少ないけど、どれも真面目かつ丁寧に作ってあって、しかもお値打ち。また行ってみてもいいな。

このお店がある商店街もそうだけど、昔ながらの駅前商店街の多くは急速に寂れつつある。この商店街のデータも載っている西尾市の商業年鑑(だったかな?)を見たことがあるが、数字を見る限り、商店街の建て直しは相当厳しいだろう。そういった意味でも、若いオーナーによる新しいセンスのお店には期待したい。

その後、上の娘と2人で竹島水族館へ。娘はウツボを見て「気持ちわるいー」といいながらも結構喜んでいた。のんびりした平和な午後。はー。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-03-29 12:53 | おいしいお店

家事・育児考

今週に入ってから、自宅でほとんどパソコンにさわることができない。
だから、職場の昼休みにパソコンに向かえる30分くらいの時間がものすごく貴重。

昨日、妻が風呂に入っている間に泣き叫ぶ2人の娘を前に、「イラッ」としてしまった。この感覚、久しぶりだ。僕が思うに、子育てをうまくやるには、「自分のやりたいことを捨てて行動する」ことがポイントだと思っているが、仕事をしているときの頭でっかちな自分を引きずっていると、イライラしちゃう感覚を思い出した。気をつけよっと。

僕は外を飛び回っていたいタイプだから、専業主婦という仕事はできればやりたくない仕事。それに、家事や育児をきちんとやっていくのは、かなり大変なことだと思う。僕の感覚では、少なくても僕が今やっている仕事よりは大変じゃないかな。

この家事・育児の話は考えれば考えれるほど、頭の中でどんどん広がっていく。また改めてここで書くことにします。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-03-24 12:33 | 思うこといろいろ

大酩酊

独身生活の最後の日となった先週の金曜日は、2軒のお店で飲み歩き。
2軒目のお店でおいしいお酒を思わず飲みすぎ、前後不覚の大酩酊。記憶もとぎれとぎれに、なんとか自宅に帰ってきました。

翌朝は水を飲んでも戻してしまう始末。こんな酔い方は始めて。ふらふらの状態で、妻の実家に向かいましたとさ。

それ以来、酒の臭いをかくだけで、酒の味を想像しただけでも、気分がわるくなる。「アルコール=毒水」という情報が頭の中にインプットされてしまったようだ。これから歓送迎会シーズン。大丈夫だろうか?
[PR]

by kurobuta18 | 2005-03-23 12:29 | その日の出来事

量子力学

地元の図書館で久しぶりに本を借りる。
「アトム博士のマンガで分かる量子力学」、というような感じのタイトルの本。
僕は典型的な文系人間で、理系科目の中でも物理は一番の大苦手。これまで避けてきた分野だ。

このブログを読んでくれている人は気づいているかもしれないけど、ここ1年くらい、僕は人間の「心」とか「魂」といったものにすごく興味を持って接している。自分なりの理論みたいなものも段々できてきた。そんな中、とある人に「心について理論的に研究するなら、量子力学や相対性理論を勉強してみては?」とすすめられた。

そんなわけで本を借りて読んでみたが、マンガなのに頭から煙が出そうだった(苦笑)。自分の根底にある苦手意識を払拭しないと、頭に入っていかない感じ。道のりは険しそうだ。


話は変わって。
ドラクエ熱がひと段落して、借りたプレステを箱にしまおうと思ったら、弟から悪魔の誘惑。新しいソフトを3本も貸してもらった。そんなわけでプレステまだやってます。今やっているのは「アヌビス」という3Dロボットアクションもの。すげーかっこいい。僕が一番ゲームにのめり込んでいたのは15年くらい前なのだが(ストリートファイター2とかの対戦格闘もの)、その時と比べてゲームってここまで来たんだ、と感動。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-03-14 21:38 | 思うこといろいろ

「ラーメンなんて料理じゃない」

という刺激的な見出しのエッセーが週刊文春の3月10日号に掲載されている。
書いたのはエッセイスト(?)の勝見洋一氏。食の世界では結構名の知られた方ではないだろうか。

エッセーでは具体的な店名を挙げて、有名ラーメン店を切りまくっている。氏の文章からは、「ラーメンはB級の食べ物である。B級の食べ物は、作られたその土地の風土が感じられなければならない」という氏の考えがにじんでいるように思う。氏の言うことは、僕も納得する点もあれば、そうでないと思う点もある。ただ、今のラーメンという食べ物に不満を感じているという点では、僕も氏と同じである。

僕が思うに、有名ラーメン店の多くは素材をいじり過ぎだと思う。そんなラーメンを食べていて、僕は素材に対して罪悪感を感じてしまうことがある。また、ほとんどのお店は味付けが塩辛すぎる。栄養面でも大きな問題があるのではないか。また、一杯の丼の中に世界を作っていくのは魅力でもあるが、僕には食べ物としての可能性を奪っているように感じる。その食事中における味の変化が少ないから、食べていて楽しくない。

昔は、僕もラーメンをよく食べていた。ラーメンばかり1日10杯くらい食べたり、ラーメンが縁でよく雑誌にもサイトを紹介していただいた。でも、他の食べ物も食べ歩くようになるにつれ、どんどんラーメンに対する情熱は薄れていった。ラーメンばかりスポットライトが当たる状況に、不満も感じていた。

僕は「ラーメンなんて料理じゃない」とまでは思わないが、少なくとも、並んでまで食べるものじゃないとは思う。もうちょっと、他の料理や、料理人にスポットがあたって欲しいと思うのだ。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-03-09 20:48 | おいしいお店

ドラクエ8

友達からプレステとドラクエ8を借りました。うれしい。
僕の中ではドラクエは、ジブリ作品やオリンピックと同様、国民的なイベントだと思っているのです。

早速やってみましたが、なんだか、あれれな感じ。あんまりおもしろくない。
ゲームとしての出来がいいのは分かるんだけど、きっとゲームというもの自体がもうおもしろく感じられないんだろうな、と思った。ゲーム中の自由度がどんなに高まっても、所詮それはゲームを作った人の意図の中でしか遊べない。でも、現実の世界は(あたりまえだが)無限の自由度があり、辛いこともあるけどおもしろいと思う。

とはいえ、ゲームとしての出来がいいのは疑いようがない。
気分転換にちょこちょこやるつもり。今のところ、クリアまでやるつもりはないけど。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-03-06 21:31 | その他