日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「南セントレア市」白紙撤回

という結果になった住民投票。
これは、個人的にうれしいニュース。合併自体が白紙になったことはともかく、あの新市名はいかがなものかと思っていたから。合併協議会が「南セントレア市」とした経緯もすごく密室的で不可解だったし。

「セントレア」という名称を使うのは、確かにインパクトがあり、PRにもなるだろうが、あまりにも短絡的で、趣がない。近頃、すごい勢いで日本的スローな感覚が人々から失われている気がするのだが、僕はこの流れに抗って生きたいと思っている。人間が求める究極的なものが、昔ながらの日本的な感覚の中にあるような気がするから。

また訳の分からん文章を書いちゃいましたね。
大事なのは「精神」「心」といったものだと思う、ということが言いたいのでした。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-02-28 12:41 | 思うこといろいろ

やもめ生活開始

木曜日から、妻と子どもが妻の実家でお世話になっている。
自分の時間をまとめて持てるのはすごく久しぶりだし、こういうことは今後当分ないと思うから、有意義にすごそうと意気込んでいた。

ところが、いざ一人の時間ができてみたら、何したらいいかとまどっちゃったのだ。子どもと一緒にいるときは、あれをしたい、これをしたい、とやりたいことがたくさんあったはずなのに。夜寝るときもそう。子どもがいると、毎日夜に何度も起こされて、「あー、一人でゆっくり寝たい」と思っていたのに、いざ一人になったらすごく違和感を感じて、なかなか寝付けなかった。

一人で寝ることも、そのうち慣れるのかな。なんだか変な感じだ。調子くるっちゃうな。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-02-19 20:06 | 自分と向き合ってみる

産まれました

掲示板や、やまのブログでも報告がされていますが、2月12日に我が家に2人目の娘が産まれました。お祝いのメールや書き込みをしてくださったみなさん、どうもありがとうございます。

産院は、他の病院と雰囲気が違っていいですね。ハッピーな雰囲気が漂っていて。みんながいい顔をしていて。我が家にやってきた大きな幸せに、僕もしばらく浸ろうと思います。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-02-14 12:39 | その日の出来事

安城の事件に思うこと

安城市で痛ましい事件が起きた。
亡くなった子の親御さんらの今の心境は、僕には想像がつかない。

だが、「殺された子供がかわいそう、犯人は許せん」というとおり一辺倒の世間の反応にはちょっと違和感を感じる。もちろん、それはその通りなのだが、僕は犯人もまた、ある意味では被害者だと思うのだ。

僕は基本的に「性善説」を信じている。
どんな人でも、生まれながらの悪人はいない。人を殺すなんて、普通の感覚ではできる訳がないのだ。本質的には、人は誰だって他人とつながっていたい。自ら意図してそのつながりを切ってしまうことはしない。

でも実際にはそうでないケースがたくさん出ている。
それは人間が、ヒトの本質に思いをはせることなく、気が付くことなく、生きているからに他ならない。欲にまみれ、複雑化しすぎた現代社会がヒトの本質を忘れさせているのだ。

まだ詳しくは分からないが、どうやら犯人は衝動的に刺したらしい。
責任能力の問題などではなく、それは明らかに異常な精神状態だ。

僕はそんな精神状態になってしまった犯人に同情する気持ちがある。
犯人がした行為は法的なレベルではもちろん加害者だが、人間の本質=魂のレベルでは、彼もまた被害者なのではないだろうか。こんな事件が起こってしまったのは現代社会の構造的な問題や、更生制度の整備不足という面もあるが、我々の無関心さ、偏見の目なども大きな原因ではないだろうか。

僕のこの考えはやや極端であるとは思う。ただ、今は現代社会が抱えている問題が徐々に顕在化してきていて、新しいシステムへ移ってゆく過渡期であると感じている。だからきっと、人々を悲しませる出来事はこれからもどんどん起こる。こんな悲しい出来事はもうたくさん、と本当に皆が思っているのなら、自分ができることを少しずつ考えていくべきだと思う。僕らにもきっと、何かできることがあると思う。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-02-06 11:20 | 思うこといろいろ