日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


今日の出来事

今日の出来事をいろいろと。

その1
雛人形を出しました。所要時間約1時間半。年々、手早くなってきているな。今年は初めて娘がまともに手伝ってくれました。

その2
コロボックル物語、本編5巻+外伝(?)1巻 読了。
最初の1巻目が一番おもしろかった。興味があったら3巻目までは読んでみることをオススメするよ。

その3
昼からラーメン作りました。麺はだーいぶ前に、豊橋市の今はなき「まんまる堂」で分けてもらった麺(ずっと、冷凍庫で保管してました)。スープはこのサイトを参考にしながらも、結局結構適当。砕いたゲンコツと、鶏がら中心。約4時間、煮立たせないようにぐつぐつ。それに少量の魚介だしを合わせて。チャーシューのレシピは雑誌「サライ」に載っていたもの。

結果、スープはそれなりにおいしく出来た。チャーシューもうまい。優しい味だけど、ちゃんとラーメンらしいラーメンになった。満足。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-01-30 20:12 | その日の出来事

グルメサイトについて

今日は家族で岡崎市の割烹「清水」へ行ってきました。
お昼のお弁当をいただきましたが、天麩羅がすごくおいしかった。
薄く、軽い衣の中に、素材のうまみや水分がギュッと閉じ込められていました。久しぶりにおいしい天麩羅を食べられて、うれしかったな。

このお店は「Yum-Yum Celeste」さんで紹介されていて、その存在を知りました。その「Yum-Yum Celeste」さんが、サイトを一時閉鎖するとのことです。

個人的には、せれすてさんはグルメサイトの「戦友」だと思っていたので、すごく寂しいです。しかし、せれすてさんに限らず、こういったグルメサイト(しかも有名で大きなサイト)が近頃どんどん閉鎖している。

僕はグルメサイトをやっていらっしゃる方に対して、勝手に仲間意識を感じているのだが、そういう面では寂しい。しかし、こういった流れを歓迎している自分もいる。一時のグルメサイトブームがほんの少しだが、落ち着いてきたように感じているのだ。こういったサイト閉鎖の流れは、僕はブームが落ち着いてきている兆候の一つと捕らえている。

みんな、飲食店で食事をしているときに、少なからずお店の方に対して不満を抱いたことがあるだろう。そういった負の感情が、多くの場合、サイトを開くきっかけになっているんじゃないだろうか。そして、お店に対して攻撃的なことを書く。それに対して当然、お店の方が怒る。トラブル発生。・・・というパターンを数え切れないほど見てきた。

僕は、この流れはしばらくはどうしようもないと思っていた。
だって、みんな一度は胸に抱えた不満をぶちまけたいのだ。そしてみんなと「そうそう」とうなずきあいたいのだ。みなのその行為が一通りすんだとき、僕は初めてネット上でお店と客がまともに話し合える土俵が出来ると思っていた。その土俵が、グルメサイトブームの落ち着きと共に、じょじょに出来つつある気配を感じるのだ。

これは僕の単なる気のせいかもしれない。でも、そういう土俵が出来たらいいな、とは常に思っている。そして、僕のサイトはその一助となるような道を歩んでいきたいとも思っている。それはゆっくりとゆっくりと、やっていけるといいなと思う。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-01-29 21:57 | サイトについて

マンガねた その2

日曜日は妻の実家に行き、妻と義弟が教えてくれたマンガを読む。
週間少年マガジンの「クニミツの政(まつり)」。このマンガで今、インフルエンザを中心に「薬害」を取り上げているのだが、結構ショッキングな話が出ている。慶応大学の教授に取材した内容とのこと。

国が、いま流通している薬の危険性を認識しながら見過ごしている事や、インフルエンザの予防接種がいかに無意味なものか等、現在の日本の医療の問題に触れている。これは一個人の一つの考えとは思うが、僕は結構その通りなのでは、と思う。

食品添加物の問題にしたってそう。国は添加物の危険性は認識しているが、「消費者の自己判断に任せる」というスタンスをとっている。この国のスタンスを知っている消費者が果たしてどれだけいるか。そして国がそのスタンスを国民にどれだけ周知しているか。問題は深く、重い。(「クニミツの政」で薬害の話を見たい方は、可能なら今年の6号から読むといいです。)


妻の実家では、他に佐藤さとるの「コロボックル物語」を読む(こちらは活字本)。第1作目の「だれも知らない小さな国」。約30年前の名作。優しく、ひたむきで、純粋なおとぎ話。おもしろかった。感動した。続きが早く読みたい。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-01-24 20:40 | 本・音楽・映画

マンガの話

13日発売のコミックス「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子)を夫婦で争って読む。この本は割と最近教えてもらったのだが、それからずっと単行本を買って読んでいる。テンポがいいし、何も考えずに読める楽しさがある。

マンガは好きで結構読むが、なかなかこれ、といったものには出会えない。
今好きで読んでいるのは、少年ジャンプ連載の「ハンター×ハンター」(休載多し)、「デスノート」、週間モーニングの「バガボンド」(これも休載中)。

マンガって見事に日本文化の代表的なものの一つになりましたね。
ずっと読んでいたものの一つに「ファイブスター・ストーリーズ」(永野護)もあるんだけど、最近ついていけなくなってきた・・・。こんなマニアックなマンガを受け入れている日本という国は、本当に平和だと思う。というか、大丈夫かな?と心配にすらなる。空想に向けるエネルギーを、もう少し現実を見ることに向けた方がよいと思う。

最近、理解できないマンガも増えてきた。
「ボボボーボ・ボーボボ」。好きな方には申し訳ないが、僕はなぜこのマンガが人気があるのか理解できない。マンガ好きで物好きな方、どうか僕にこのマンガのおもしろさを教えてやってくださいー。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-01-18 12:45 | 本・音楽・映画

おならの話

いきなりですが、僕のおならは、かなり臭い。
時々、自分のおならの臭さにめまいがすることがある。

肉を食べるとおならが臭くなる、と聞いたことがあるが、我が家は野菜・魚中心の食事なので、どうしてこんなに自分のおならが臭いのか、よく分からない。お酒をよく飲むせいかなあ。

そんなおならが臭い僕にとって、すごく危険なお店がある。
陶器などを扱う器屋さんに行くと、いつもすごくおならがしたくなるのだ。
先日も知立アピタ内の某店において、すごく臭いおならをしてしまって、周囲の方に多大なご迷惑をおかけしたようです。この場を借りて、深くお詫びいたします。

ところで、「本屋さんに行くと、おならがしたくなる」という話があるが、これは妻のやまによると科学的な根拠があるらしい。紙の匂いが排便中枢(?)を刺激するようなのだ。僕は紙の中でも、和紙の匂いは特に排便中枢を刺激すると感じている。そのせいかなあ。

なにはともあれ、気をつけないと。今年はなるべく、人前でおならをしないように気をつけます。

【ご連絡】
DASH村の講演記事ですが、みなさんのご要望にお答えして、スキャナで取り込んだ内容をLZH形式で圧縮して、希望の方へメールで送ることを考えています。もうしばらくお待ちください。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-01-10 07:42 | 思うこといろいろ

DASH村

TVが嫌いな僕も、割とよく見る番組がある。
NHKのドキュメンタリー番組と、日曜夜7時から放送している「鉄腕ダッシュ」だ。

僕はTV番組の中でも、バラエティーが嫌い。
若手芸人をいじめたり、相手を卑下したりして笑いを取るような番組は特に嫌い。

ああいう笑いに、僕も笑ってしまうことはある。
でもその後、心に寂しいものを感じてしまうのだ。みんなはそういうの、感じないのかな。

職場の機関紙に、鉄腕ダッシュの元プロデューサーが行った講演の内容が掲載されていた。その元プロデューサーは、相手を卑下して取る笑いを「負の笑い」と指摘し、それに対するアンチテーゼとして「DASH村」という企画を考えたという。

テレビ局のプロデューサーなんてろくな人がいないと偏見を持っていたから、この講演の内容には驚いたよ。

本当はみなさんに読んでもらいたい内容だけど、出典元を書くと僕の職場も分かってしまうので、ここでは明らかにできません。僕の電話番号を知っている方のみ、読みたい方にファックスしますので、よろしければご連絡ください。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-01-04 20:40 | 思うこといろいろ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

年末は実家のお店の手伝いで、目の回る忙しさでした(本当に目が回りました)
年が明けて、ようやく落ち着いてパソコンの前に座れます。

さて、今年もたくさんの方から年賀状をいただきました。
こちらから年賀状を出しておらず、ご無礼してしまった方、今から書きますのでごめんなさいね。

「年賀状」という習慣は、おそらくこれから廃れていく習慣だと思うけど、僕は嫌いじゃない。
ご無沙汰している方に、堂々と近況と伝え合える機会って、なかなかないと思うよ。毎年、年賀状のやりとりから「久しぶりに飲みに行くか!」という人もいる。いやいややるんじゃなくて、どうせなら満喫したいね。

それでは改めて。今年もどうぞよろしく。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-01-01 10:28 | 思うこといろいろ