日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:travel( 19 )


ディズニー写真

旅行中、ディズニーで撮った写真の中に、何枚かいい感じのものがあったので、せっかくだからブログで公開。上の2枚はランド、下の3枚はシーです。

ディズニーはスタッフの接客がみんないいから、気持ち良い時間を過ごせたなな。
・・・お値段はちょっと高めだと思うけど。

b0014624_20225855.jpg
b0014624_2023245.jpg
b0014624_20233659.jpg
b0014624_2023441.jpg
b0014624_2023525.jpg

[PR]

by kurobuta18 | 2008-08-18 20:25 | travel

真夏の一大イベント

15日の金曜日から2泊3日で、浦安にある夢と魔法の王国に行ってきました。
1日目はランド、2日目はシー。宿はミラコスタ。去年、初めて家族でディズニーに行ったんだけど、それから一年間ず~っと、「来年の夏もディズニーに行こうね。」と子供たちは言い続けてたんです。もう、夏はディズニーにしか行けないじゃん(笑)

ディズニーの様子は、妻が「しょこたん並みの更新を目指す。」と言って、旅行中、携帯からせっせとブログにアップしていたので、どうぞそちらを見てくださいまし。

さて、旅の最終日は少しくらい、大人のお楽しみを入れたい!ということで、明治神宮と表参道にある薬膳中華のお店に行ってきました。明治神宮は、「東京のパワースポットで、交通の便がいいところ」を友人に聞いたところ、ここを勧めてもらったのでした。

JR原宿駅を降りて、てくてく歩くこと数分。明治神宮の敷地が視界に入ってきた途端、足もとから頭の上へ強いエネルギーが抜けていく。すご~い!確かにここは素晴らしいエネルギースポットみたい。

ところが、朝ゆっくりし過ぎたせいで、明治神宮に着いた頃には、お昼ご飯の予約時間が間近に迫っている状況。そのため、鳥居も見ることができなかったけど、強いエネルギーの流れに乗って、僕の胸の中にある重たいものも上空に昇っていったようです。短い時間だったけど、来ることができてよかった。感謝。

その後は、表参道にある薬膳中華のお店「エッセンス」へ。以前、豊橋市の山猫軒にいたバンドー君が働いているお店ということで、行ってきたのでした。

料理はとてもやさしいお味。
そして、真っ白なお皿に、きれいな盛りつけが目を引きます。
でも、見た目だけじゃなく、料理は芯がしっかりしている印象。偉そうな言い方で申し訳ないんだけど、ブレがないというのか。そして、しみじみとおいしい。僕の身体のエネルギーも、このお店の料理に反応していました。2日間、ディズニーで結構ジャンキーなものを食べたので、デトックスしたかったのかな。

バンドー君も相変わらず、はにかんだような、でも自信ありげな変わらない笑顔で迎えてくれました。うれしかったです。身体に気をつけて、がんばってね。
b0014624_22392717.jpg

b0014624_22395112.jpg

b0014624_2240781.jpg

b0014624_22402426.jpg

b0014624_22404189.jpg

b0014624_22410100.jpg

[PR]

by kurobuta18 | 2008-08-17 22:41 | travel

上高地、高山旅行

職場の旅行で、上高地、高山に行ってきました。
自由参加の旅行なんだけど、僕は班長ということで、強制参加。バス3台で雨の中行って参りました。

日常生活でも、気づきやスピリチュアルな経験は得られるんだけど、やっぱりこういう機会でしか得られない気づきや経験もあるね。いい旅行になりました。1泊2日の旅行を振り返ろうと思います。

まず初日は、そのまま宿に直行して、総勢100名で大宴会。たった2時間しかなかったから、あっちゅう間に終わっちゃったよ。2日目は、午前中は上高地へ。雨はざあざあ降りだったのに、バスが大正池に着いた途端、パタリとやんじゃいました。そして、帰りのバスに乗った途端、またポツリポツリと雨が降り出すという、まるで漫画かドラマのような天気でした^^

山の空気はいいねえ。
澄んだ空気が身体の中をかけめぐって、余分なエネルギーが抜けていく。約1時間かけて、大正池から河童橋まで散策。曇り空だったけど、景色も十分に楽しめました。

天気のために滞在時間を短くしたせいで、散策だけでバスの出発時刻が迫っている状況だったんだけど、それだけじゃつまらないよね~、どこかでケーキでも食べたいね~と話していたら、ふと、「手作りアップルケーキ 300円」の看板が目に入る。じゃ、ここに入ってみるか~とふらりと入ったら、これが大ヒット。

作り手の温かい気持ちが伝わってくる、とてもおいしいケーキでした。珈琲もおいしかった。有名な帝国ホテルや五千尺ホテルのケーキもおいしいんだろうけど、ここは穴場でオススメだよ。場所は河童橋から下流へ200mほど行ったところにある、上高地西糸屋山荘という、小さな、でも清潔感があるお宿のティールームです。テイクアウトもできたよ。

上高地の空気と景色を満喫して、今度は高山市へ。
着いてすぐ、新横浜ラーメン博物館にも入っていた、有名な「やよいそば」へ直行。高山ラーメンらしくコクのある醤油味のスープと、細いちぢれ麺。そして動物系のダシと脂がスープの味わいに厚みを与えている。うん、悪くないね。

それから、お友達のひろゆきさんから教えてもらった、和菓子の「とらや老舗」へ。人気という草餅を買って、さっそくその場で食べてみる。何の葉っぱか分からないけど、風味豊かで、しっかりした甘さの粒あんとの相性もいい。じんわりと、でもしっかりとおいしい草餅。ひろゆきさん、いろいろ情報を教えてくれて、ありがとうね。

そこから、古い町並みを後輩と散策していたんだけど、古美術の店がどうにも気になって、僕だけ単独行動。急いでその店へ向かう道中、ちょっと気になっていた高山ラーメンのお店の前を通りかかる。よせばいいのに、そのままするりと店の中へ^^;

ラーメンは、小腹が空いた時におやつとして食べたいような味。ジャンキーだけど、バランスは悪くないなあ・・・と思った矢先、急に気持ち悪くなってきた。ああ、そろそろ食べるものをちゃんと選ばなければいけなくなってきたみたいだ。

ラーメンを食べたあと、古美術のお店を2軒はしごして、それから「てきすい」という、きれいな喫茶店へ。ここは和菓子と、おいしい日本茶が楽しめるお店。玉露と生菓子のセット(710円)をいただく。玉露も、生菓子もとってもおいしかった。ただ、バスの時間が迫っていたので、5分でお茶を飲んで、お菓子を食べて、バタバタとお店を後にしたのでした。

かなり充実した旅行だったよ。満足、満足^^
最後に、上高地の景色を楽しんでね~
b0014624_22154180.jpg

b0014624_22155617.jpg

b0014624_2216792.jpg
b0014624_2216206.jpg

b0014624_22163294.jpg

[PR]

by kurobuta18 | 2008-06-22 22:16 | travel

徳山鮓で絶品熟鮓(なれずし)

5月4~5日で、滋賀県へ1泊旅行に出かけてきました。
予定では4日の午前中にMIHOミュージアムへ行くつもりでしたが、当日の朝になって地図を見たら、結構な距離があることが分かりました。・・・ええ、滋賀県の地図をまともに見て確認したのは、当日の出かける30分前です^^; 同じ滋賀県内だから大丈夫だろうと高をくくっていましたが、あまかった~。時間的に厳しいと判断して、予定変更。MIHOミュージアムはあきらめて、やはり興味があった養老天命反転地へいくことにしました。

が、ここでも時間があまりとれなくて、子供たちが動物とたわむれているスキに僕1人で行ったけど、20分ほどでバタバタと後にすることになりました。反転地はざっと歩いただけの印象ですが、確かに作者の意図どおり、自分が普段使っていない感覚が呼び覚まされるような気がしました。身体のエネルギーも反応していたよ。

さて、その後は楽しみにしていた宿の徳山鮓へ。
ここは琵琶湖から山一つ隔てたところ、余呉湖畔にあるこじんまりしたお店。食事だけでもOKだし、宿泊もOKです。この宿は定期購読しているソトコトで知りました。ソトコトにはいつも僕好みの宿を教えてもらっています。ありがとう~!

この宿のウリはなんといっても料理。それも熟鮓(なれずし)が名物なのです。夜ご飯は発酵料理のオンパレード! まず最初に出てきたのは、サバの飯こ漬(いいこづけ)。
b0014624_21583393.jpg

米酢を作る過程で、酢になる手前の米でサバを漬け込んだという、古典的な発酵料理とのこと。ほのかな発酵臭とサバの風味が上品にマッチしていて、たまらない。

b0014624_2159584.jpg

造りはフナで、そのままそぎ切りしたものと、真子をまぶしたもの。
鮮度がよくて、コリコリした食感。やっぱり、うんま~い!

発酵料理の極めつけはフナの熟鮓。
発酵臭も、口にしたときの酸味もとてもマイルドで、口の中で柔らかく馴染んでいく感じ。そして、ふくよかに上品な味わいが広がっていく。発酵物が苦手な妻もこれは食べられるという。この熟鮓はもう、絶品!
b0014624_21594721.jpg

それから河豚の卵巣の糠漬けを使った料理や、締めのデザートまで発酵ものでした。翌朝も、5年漬けこんだという秋刀魚のへしこが出てきたり、もう発酵食品好きにはたまらん宿でした。ただ、これだけ発酵物が続くと口がちょっと飽きちゃった感じ。朝ご飯には熊肉の味噌汁も出てきたので、次に泊まるときには、ジビエをもっと織り交ぜてもらうようにお願いしよう。

あと、ちょっとシモの話になるんだけど、この宿で食事してから、お通じがやけにいいです。乳酸菌がたっぷり腸に入ったからかなあ。これはうれしいおまけ。他にも、子供用に作っていただいた料理がおいしかったり、露天風呂や食事をする部屋からの眺めがよかったりと、料理以外も好印象でした。ここは是非また泊まりに行きたい宿だ。
b0014624_22143612.jpg

[PR]

by kurobuta18 | 2008-05-06 22:18 | travel

京都 何必館でMAYA MAXX展

京都旅行ネタ、まだ続きます^^

2日目、お昼ご飯を食べた後、僕は八坂神社で他の皆さんと別れ、一人で土産物を物色に行きました。目指すは四条通りにある、カラフルな手ぬぐいのお店「永楽屋」

ふと、その途中、何必館(かひつかん)というギャラリーで展覧会を開催しているのが目に入る。なになに、「MAYA MAXX展」?誰だろ~、名前に聞き覚えがあるような、ないような・・・と思いながら、ふら~っと建物に入って、いつの間にか入館料を払ってた。

ギャラリーに入ってしばらくMAYA MAXXさんの絵を眺めていたが、おもしろいとは思うものの、正直あまりピンと来ないなあ~と思っていた。ところが、ギャラリーのある一角から強いエネルギーが出てる!

そこは、壁一面に絵が飾ってあるスペースだった。
b0014624_23124467.jpg

そのスペースで一際強いエネルギーを放っていたのは、絵ではなく、文章だった。それをいくつか、ここに書き出したいと思う。

『時に恵まれるように願っています

正しくても正しくなくてもどちらでも良いし
悪くても悪くなくてもどちらでも良いです

美を心から愛し
美に愛されるように
願っているだけです』


『何もないところから
すべてのことは
立ち昇り 立ちあがり
わたしのからだを通って
明らかに 朗らかに
自由に自然に形になってゆき

わたしはただその通路のようなもので
何かをとりたててしている感じもなく
なんとなく温かくて幸福な感じの
玉のようなものが通過するのが
ちょっとくすぐったい気がしながら
笑いだしてしまうだけなんです』


『すべては もうすでに 私の中に在りました。

それなのに なかなかそれを認めることが
できず、受け入れることができなかったのは
他でもなく この私でした。

意志や年月は積み上げるためにあるのではなく
一枚一枚はぎとって裸にするためにあるのだ
と得心しました。(後略)』


まるで化学反応が起こったかのように、僕の中で何かが反応したみたいだ。
これらの文章を見たあと、いくつかの絵は僕と響きはじめ、MAYA MAXXさんは僕の中で忘れられない人になっていた。この人の絵との出会いも、必然だったとしか思えない。宇宙の流れっておもしろすぎるよ。
[PR]

by kurobuta18 | 2008-02-26 23:28 | travel

京都へ親睦旅行

職場の親睦旅行で、京都に出かけてきました。
2日間ずっと雪の天気で、時には吹雪いたり、時には止んだもしたけれど、帰りの新幹線に乗るまでずっと雪に見舞われた旅行でした。

今回の旅の内容は、完全にお寺巡り。僕はお寺ばかりでは嫌だったので、なんとかお寺以外を行程に加えようとしましたが、希望とは反対に、見事にお寺一色の旅行になってしまいました。思い通りにならなくて、僕のマインドは不機嫌でしたが、「この流れには逆らえない。お寺できっと何か得るものがあるはず。」とマインドを納得させることにしました。

ちなみに行ったお寺は、順に、東寺、立本寺、北野天満宮、曼殊院、金閣寺、知恩院、南禅寺、八坂神社。雪の中、たくさん廻ってきました。

まず最初に行ったのが、京都駅近くの東寺。ここでいきなり素敵なエネルギーと出会えました。お堂の中に鎮座する仏さん方から、一体一体違うエネルギー。僕は薬師如来のエネルギーが一番印象に残りました。ひたすら純粋で、永遠に広がる、慈悲そのもの。他の仏さんも、エネルギーでいろいろ語りかけてくれた気がしたけど、よく感じ取れなかった。ここにはまた来る機会がありそうだ。

うまいもん関係も、結構充実した旅行になりました(^^)
夜は、「祇をん八咫」の個室で、6000円のコース。三河人の感覚からすると、高級な素材を使っていない分、料理だけ見るとやや高い印象ですが、味付けのセンスはよかった。バランスがよく、斬新な発想もあり、楽しめました。サービスも感じがよく、祇園の中心という立地と、お店の雰囲気等もトータルで考えれば、すごくいいお店だと思う。

夜ご飯を食べたあと、吹雪の中、僕は1人で飲みに繰り出すことに。
あらかじめ調べておいた候補は3軒あって、
・日本酒バー「よらむ」
・シャンパンバー「コート・デ・ブラン」
・韓国料理「韓麺館38」
このうちのどこに行こうか、それとも3軒とも行っちゃおうかとも思いましたが、まずはシャンパンバーの「コート・デ・ブラン」へ向かうことに。まるで吹雪のように、強風で雪が舞う中、道を迷いながらもなんとかお店にたどり着きました。

お店は看板も小さく、すごく分かりづらい。ふりのお客さんが、偶然このお店に入ることはないでしょう。店内は控えめな照明がほのかに照らす、とても落ちついた雰囲気。

お腹はふくれていたので、僕はグラスのシャンパンと生チョコをいただく。他のお客さん方も、品よく静かに飲んでいらっしゃる。素敵な客層だなあと1人楽しんでいると、隣の方から声をかけられる。大阪からいらっしゃったというその方と、しばらく好きなお酒の話や、バーの話など。さらに、ラッキーにもその方が飲んでいらした高級ワインのご相伴に預かることができました。きゃ~!僕のお小遣いじゃ、こんな高級ワインは飲めないよ~。心の中で泣いて大喜び。ここに来てよかった~!

そんなこともあり、外も寒いので、結局事前に調べておいた他のお店には行くことなく、この店でまったりと楽しみました。Dydyさん、素敵なお店を教えてくれてどうもありがとう。

幸せな気分で宿に戻り、1人でまた物思いにふける。
こういう時間が持てることも、また幸せ。ふと、シャンパンバーでワインをご馳走していただいた出来事をきっかけに、心を開き、人との縁を大切にして生きることで、宇宙と繋がる感覚を覚える。

僕はつい、1人で抱え込んで、1人で何とかしようとしてしまうクセがある。実はここ1週間くらいは特にそうだった。それじゃ、いけないよね。でも、おいしいワインで気がつくなんて、いかにも僕らしいなあ。自分でもおかしくて、笑っちゃうよ^^
b0014624_19482370.jpg

b0014624_19484099.jpg

b0014624_19485774.jpg

b0014624_19491133.jpg

[PR]

by kurobuta18 | 2008-02-25 19:47 | travel

「石垣島移住計画」発動!?

沖縄から帰宅して5日ほど。
あの、の~~~んびりした空気に浸っていた僕の身も心も、いつの間にやら愛知のせわしない日常に戻ってきてしまいました。

以前ちらりと書いたけど、将来、石垣島に移住することをほんの少しだけ、考えています。
今回の沖縄旅行は、単純に楽しむ!に加えて、移住したらどんな暮らしになりそうか?という視点もほんの少し持って見て歩きました。

石垣島の魅力は、まず、暖かい気候。
夏は陽射しが強いというものの、最高気温は愛知よりかなり低いというのもうれしい。
そして、超!ゆる~~い雰囲気。あの雰囲気はクセになるなあ~。僕の頭のネジが何本か、石垣島に落ちてきちゃったことでしょう。

僕が満足できる、おいしいご飯屋さんが何軒もあるのが確認できたのもうれしかった。
身体に優しく染みていく「こっかーら」のお野菜料理、おいしい焼肉屋の「やまもと」、石垣島ラー油で知られる「辺銀食堂」は、本土でもトップクラスの飲食店だと思う。

スーパーに並んでいる食材も、沖縄の野菜ばかりではなく、愛知でも売っている野菜が並んでいたのも一安心。

ただ、水が愛知よりおいしくなかったのが意外で、残念。
ここで住むなら、性能がいい浄水器は必須だなあ。


今回の沖縄旅行は、ストレスがない生活がいかに人の心と身体を健康にするか、実感した旅行でした。日々の暮らしは、忙しさの大波に飲み込まれてしまいそうな時もありますが、気持ちはゆる~く生きていきたいと思う。
[PR]

by kurobuta18 | 2007-12-06 12:53 | travel

おいしかった!楽しかった!沖縄!

帰ってきました。
ホントはもっといたかった。3日目の朝には、「今日泊まったらもう帰るんだ。」そう思って寂しい気持ちだったけど、でも超!満足な旅になりました。一緒に行ってくれた仲間に感謝。旅先で出会った皆さんに超!感謝です。

行ったお店の詳しい感想は、時間がとれればうまいもん紀行の日記(もう1年近く放置されているやつ)でアップするつもりですが、あまり時間がとれなければこのブログで紹介するつもりです。

とにかく、行った全てのお店が感動のおいしさでした。多くのお店で、お店の方々と素晴らしい交流もありました。特に最終日の夜に行った「琉球料理乃山本彩香」で、店主の彩香さんがカウンターに陣取った僕らのことを従業員さんに向かって、「この人たちは、みんな心が清ら(ちゅら)だ。」といってくれたのが泣けちゃうくらいうれしかった。

石垣島では美しい自然も堪能できました。また、移動の機内などで一人の時間も多くとれたので、自分自身をじっくりヒーリングすることもできました。(でも初日の夜は飲みすぎちゃって、翌日大変だったけど。^^;)

沖縄。石垣。また行きたいな。いや、きっとまた行くでしょう。
最後に僕がとってきた風景を楽しんでくださいね。
b0014624_19485987.jpg

b0014624_19493290.jpg
b0014624_1949533.jpg

b0014624_1950837.jpg

[PR]

by kurobuta18 | 2007-12-03 12:50 | travel

心は沖縄へ~(^^)

今週木曜日には、楽しみにしていた沖縄旅行に出発します。
ネットを通して知り合った、食べることが大好きな友達たちと、おいしいものを食べるために行く旅行です。

もう以前のように、無理な連食ができなくなってきているので、「あそこも、ここも・・・」と無理して行くお店を詰め込めすぎないようにしているのですが、それでも欲張りな性格ですから、絞り込むのがなかなか大変。

今回は、那覇市の「琉球料理乃山本彩香」に伺うのが楽しみです。
僕の中で、ずっと行ってみたいと思っていたお店が3軒あって、那覇市のこのお店は最後に残った1軒なのです(他の2軒は、札幌市の割烹「しんせん」、静岡市のバー「ブルーラベル」)。今回の沖縄旅行は、僕の食べ歩き旅行の集大成のような感じになるかも、と思ってます。もう、これだけ食べることがメインの旅行はしないように思うのです。

食べる以外では、石垣島に行けるのが超楽しみ!石垣島のことを考えているだけで、ワクワクしてきます。きっと、石垣島にはまた行く機会がありそうです。

さてさて、そんな楽しみな旅行が近づいてきたので、昨日から行程や伺うお店のチェックに余念がありません。自分用に確認のためと、家族に知らせておくために、行程をざっと書きだそうと思います。

【1日目(木曜日)】
昼に那覇空港着。
沖縄そばの「我楽そば」か、「てんtoてん」あたりに行ってみたい。
それから、レンタカーで霊場?遺跡?の「斎場御獄」へ。
夕方に那覇市内に戻って、山羊料理「さかえ」へ。
その後は、どこかの居酒屋でのんだくれる予定^^

【2日目(金曜日)】
朝発の飛行機で、石垣島へ。
空港からタクシーで、お昼ご飯「こっかーら」へ。
それから、夕方まで市内観光。市場とか、泡盛博物館とか、ぶらぶらと。
夜5時に焼肉「やまもと」。それからワインバーとか、クースバーとか、民謡酒場とかで、やっぱりのんだくれる予定^^

【3日目(土曜日)】
昼まで、石垣島の自然探索ツアーに参加。
お昼ご飯は、「辺銀食堂」。夕方発の飛行機まで、お土産を物色したり、市内を散策したり。
夕方に那覇市内に戻り、夜は「琉球料理乃山本彩香」。

【4日目(日曜日)】
朝は沖縄第一ホテルで、通称「日本一苦い朝食」を食べる。
昼前には飛行機で那覇を出発。セントレアへ向かう。

帰ってきたら、またレポしますね。それじゃ!
[PR]

by kurobuta18 | 2007-11-24 23:53 | travel

鳥取、姫路、神戸の旅

仕事で鳥取市、姫路市、神戸市に行ってきました。
お会いした方々がみなさん親切で、食べに行ったお店がどこもおいしくて、充実した旅行、いやもとい、仕事でした(^^)

僕にとって、家族と離れて出かける時間はすごくリフレッシュできる。
じっくり自分と向き合って、自分のペースで行動して、楽しんで。

今回3日間家族と離れて、僕の課題は家族との関わり方だと再確認しました。でも、ちょっと答えが見えてきた感じだよ。ありがたい。本当にありがたい。
[PR]

by kurobuta18 | 2007-11-04 08:31 | travel