日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自己評価とお金のはなし

ここ数日は、感情がどうも沈みがち。
「自分を見つめる作業がめんどくせー!」という気分でした。
だって、きりがないもん。自分の中から浮かびあがってくる古い執着を一度はスッキリさせても、しばらくすると、また同じような想いが浮かびあがってくる。人の身体の中は、まるでバウムクーヘンみたいに、同じような執着が何重にもなって重なっているみたいだ。

ちなみに、こんな時でも瞑想は止めようとは思わない。
これは習慣になったみたい。朝6時頃と仕事が終わった夕方と、毎日2回、瞑想しているけど、その時間になると、身体がソワソワしてくる。「早く瞑想しろ~」と身体が命令してくるようなんだ。


で、タイトルの話なんだけど、僕はずっとお金に興味がなかった。
お金よりも心や気持ちの方が大切だから、あまり興味がないのだと思っていた。

ところが、少し前に瞑想の先生からいただいたメールでちょっと気になる文章があったんだ。ほぼ同時期に見た、どこかのブログか何かでも同じようなことが書いてあった。それを自分の言葉で大ざっぱに言っちゃうと、「お金に興味がない人は自己評価が低い」ということ。言い換えると、意識の深い部分で「自分は、お金を受け取る価値がない人間」だと思っている場合が多いらしい。

それで、自分の中を探ってみると、やっぱり僕もそうだった。物心がつくかどうかの時期に受けた、傷ついた心(インナーチャイルド)の存在が浮かんできた。その存在に気がつき、エネルギーの流れの中で成仏?させてあげると、また心がスッキリした様子。

ちなみに今は、こんな記事を書いているわけなので、「沈みがちモード」「めんどくせーモード」はかなり脱出してきました^^
[PR]

by kurobuta18 | 2008-08-22 19:10 | 自分と向き合ってみる
<< 新たな習慣 ディズニー写真 >>