日々、思うこと、感じることを何気なく


食べ歩きと自己観察が趣味の管理人くろぶたが、日々思ったことを気まぐれに書いていきます。
by kurobuta18
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
ねむの木のこどもたちとま..
from 空想俳人日記
ちくわ大好き☆
from 豊橋のちくわ♪
ゴム手リンパダイエットの..
from ダイエット大辞典
ステロイド
from ステロイド
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

もし両親がいなくなったら

ちょっと前の出来事なんだけど、どこかに記しておきたくて、遅まきながら今日書くことにします。

先月末に、両親が1週間ほど、カナダ旅行に出かけていました。ちょうど1週間前に帰ってきたのですが、正直、顔を見た時はほっとしました。そう思った理由は、29日(木)にさかのぼります。

その日は両親が旅行で出かけていた関係で、僕は仕事を休んで家にいました。
朝の9時半ころ、親戚から電話がかかりました。「カナダのケベック州で、67歳男性の日本人旅行者が飛行機事故で死んだとニュースで言っていたけど、お父さん大丈夫か?」と。

僕の父親は67歳じゃなくて、66歳。でも、こういう事故の際、当初発表が1歳違うことなんて、割とあること。それに行程表を見ると、ちょうどその日、ケベックにいることになっているではないか。ネットニュースで事故のことを確認した後、まず、父親の携帯電話にかけようとするが、やり方が分からくて断念。そこでまず頭の中で、最悪のケースとなった場合のことをシミュレーションしてみる。

カナダまで行くことになった場合、自分の仕事は休めそうか。葬式の手配はどういう順番で行うべきか。今、父親がやっている仕事をこれからどうするべきか、・・・etc。果ては、来年やまが育児休暇から復帰した後に、保育園の送り迎えをどうしようか、と。そこまで考えて、まずは安否を確認するのが先と思考を修正したところで、やまが保育園から帰ってきたので、事情を説明し、電話係を任せる。やまは旅行会社に何度も電話していたが、ずっと話中のよう。

そうこうしているうちに、僕は出かけなければならない時間になってしまったので、気になりながらも自宅を後にする。・・・と、そのすぐ後に、当の父親から電話が入った。カナダの事故のことは何も知らずに、ただ家のことが心配で、ふらっと電話をかけてきたのだ。人の気も知らないでと腹が立つやら、ほっとするやらで、なんだか変な気分になる。

しかし今回の件は、改めて今の生活を見直すいいきっかけになった。僕は何事も「なるようになる」と思っているが、そうは言っても不安や不幸の類は少ない方がいい。旅行から自宅に帰ってきた両親の顔を見たときには、本当にほっとしました。
[PR]

by kurobuta18 | 2005-10-10 23:56 | その日の出来事
<< 最近思っていることをつらつら 適性・適職診断 >>